写真

2012年4月13日 (金)

Kodak A-1 AUTO GRAPHIC 取り扱い説明書 [フィルムをセットする] その3

そして逆の手順で本体にセットします。

ここからが重要


1334322540104.jpg
一枚目撮る時は[ 3 ]まで回して下さい。
二枚目は[ 6 ] 、その次は9,12,15と3の倍数まで巻き上げ撮影します。

これをミスするとコマかぶりの原因になります。

Kodak A-1 AUTO GRAPHIC 取り扱い説明書 [フィルムをセットする] その2

このカメラは専用のフィルムが廃盤になっている為に、ブローニーのフィルムに両面テープでアダプタを取り付けます。

1334322174072.jpg

こんな感じですね。

巻き取り側にはお渡しした専用のスプロールを使って下さい。

1334322175573.jpg
フィルムの先端を巻き取り側のスプロールに差し込みそのまま指で抑えながら2-3回転させます。


1334322177081.jpg
スタート位置、矢印がこの辺りまで出てくるまでスプロールに巻きつけます。


つづく

2012年4月10日 (火)

Kodak A-1 AUTO GRAPHIC 取り扱い説明書 [レンズをセットする]

初めに、この取り扱い説明書は私がレストア依頼主にあてた物であり、正式な取り扱い説明書ではありません。
私が気付いた所を書きました。

なお、ココログアプリの不具合から細切れに更新して読みにくい部分あると思いますがご了承下さい。

[レンズをセットする]

先ず、フタを開ける

1334010439306.jpg
ボタンを押すと前側のフタが開きます。
フタが開くとレンズが見えます。

1334010443970.jpg

レンズボードの下側のボタンを左右からつまむ様に押し、引っ張り出します。

1334010445411.jpg
距離計を合わせます。最近距離は2mです。30m以上は30mに合わせます。


シビアにならなくてもある程度取れます。
反対にシビアにしてもある程度しか撮れません。

これでレンズはセット出来ました。
収納する時は…分かるよね。

2012年4月 6日 (金)

Kodak A-1 AUTO GRAPHIC その4

心配だったレンズもクリーナーで磨くと傷やカビが少なく良好。

1333721081204.jpg

上のレバーはシャッタースピードを調整するやつね。
しかし、このレンズの状態は当たりだよね。やったね、!って、自分のカメラじゃないけど…

後は組み立てと、全体を磨きあげる。
真鍮って磨くと楽しい。目に見えて綺麗になって行く。

1333721086031.jpg

こんな感じに出来上がる。

ピントの確認して見る。
磨りガラスが一番良いんだけど、そんな都合の良いものは持ち合わせていない。
トレーシングペーパーもええみたい。
でも無いのよ。

そうだ!クッキングシートだ!!

キッチンを探すが品切れみたい…


さて、困ったぞ。


で、使ったのがスーパーでもらえる袋。レジ横の買った商品を袋に詰める所にある袋です。


完璧とは言えないが十分使える。

最短撮影距離が2mなので2m離れた対象物を覗く。

まぁ、大きくは外れて無いようだ。後は試し撮りして確認のみ。


1333721087198.jpg


次回からは、持ち主の為のマニュアルを書きます。
でも、しばらく先の事になりそうだ。

Kodak A-1 AUTO GRAPHIC その3

もう一つの問題は蛇腹が駄目って事。


フィルム側から蛇腹を覗くと角々から光が漏れている。プラネタリウムみたいだ。


勿論、このまま使えない。穴の空いている部分だけ補修する手段もあるのだが箇所数が多いし、他の部分も直ぐに痛みそうな状態。


無難に作り直す事に。


用意したのが黒い画用紙と、裏面が粘着シートになった薄い合皮。


1333716644214.jpg
外した蛇腹に寸法を図りやすいようにマーカーで山と谷に印を付けて採寸。


黒画用紙に、書き写したのがこれ

1333716645320.jpg


合皮に貼り付け後は折ります。
昔取った杵柄と言うか、一時期ペーパークラフトにはまった時期がありました。
その時のテクニックが役に立ちますね。


折り線にあらかじめ、鉄筆(私はインクの出なくなったボールペン)でなぞって癖を付けておきます。

一気に蛇腹折りは難しいので少しづつ山と谷に折り目を付けて行き、形を整えてからしっかりと折ります。

1333716645972.jpg
合わせ面を接着して出来上がったのがこれ。

やはり、純正に比べ厚みが少しあるのと合皮のテカテカした感じが…
もっと良い素材が欲しいです。

Kodak A-1 AUTO GRAPHIC その2

初めての物を触る時は、じっくり観察。

動かせそうな部分を見つけてはどういう動きをするのか推測。少し動かしてみて確認。
で、戻す。


を繰り返す。


1時間ほど掛かって


1333674702611.jpg

蓋を閉じる。


以外とコンパクトになるのに驚き。これが蛇腹の良さなのか。

詳しく調べて行くとパテントの記載から1917-1918年の製造と読み取れる。


明治時代のカメラ…すげー。
このカメラを復活させたいと更に思う。どんな写りになるのか楽しみ。

シャッタースピードは1/100,1/25,T,Mだけ。

しかも、T,M は作動しない。

時計のムーブメント整備用のオイルを特殊なオイラーで注油する。


1333674704337.jpg

これで注油します。


するとあっさり直った!


1333674705713.jpg
[ T ]の状態

2012年4月 5日 (木)

Kodak A-1 AUTO GRAPHIC その1

以前に二眼レフのカメラをレストアした事を知っている友人が


うちに古い蛇腹のカメラあるけど直してって。


やってみてもいいけど壊れても知らんよ。責任は取らないよ。って言ってみたけど
このまま置いていても仕方ないしやってみてって事で引き受けた。


やって来たカメラがコレ

1333637985212.jpg
想像を、超える古いカメラがやって来た。

1333637987742.jpg
レンズなんか使えるのか?

シャッターは動くようだ。
蛇腹は…駄目だ。

そもそも、この状態で渡されたけどたたみ方もわかんない。

どうにかなるのか?

ココログアプリが全くのカスだ。すぐに落ちる。何度書き直した事か…
短くなりますがこれの繰り返しで行きます。

その他のカテゴリー